NANO Media
ホーム>保険業界人(代理店、外交員、社員)向けCDゼミナール>税理士、保険業界人必見!!法人向けコンサルティングで稼ぐ人、稼げない人
保険業界人(代理店、外交員、社員)向けCDゼミナール
税理士、保険業界人必見!!法人向けコンサルティングで稼ぐ人、稼げない人
〜今までのやり方では将来必ず淘汰される!?〜        株式会社フォートラスト 代表取締役 大関浩伸
  • CD2枚組
    (インタビュー形式NO1、NO2合計約80分間のボリュームたっぷり満足度100%の内容です)
  • CD付属資料
    (これだけ読んでもためになる!!このCDだけのために大関さんが作成したオリジナル資料です。 他では一切お渡ししません。)
  • 面談による無料コンサルサルティング1時間分
     及びメールによる無料コンサルティングチケット(1回分)

    以上4点がセットです。

収録2006年

大関浩伸氏プロフィール
株式会社フォートラスト 代表取締役。1968年生まれ。埼玉県出身。青山学院大学卒業後1991年、大手損害保険会社に総合職として入社し、7年間在籍後、外資系生命保険会社に直販営業社員として入社。コンサルティングセールスにより、在籍2年6ヵ月間に「紹介連鎖」により、確固たる個人市場を構築、週間3件以上成約を連続122週記録、保有件数も550件を超過、初年度手数料累計も個人保険だけで4,000万円を超過。その後、1社専属と環境の限界を感じ、25社以上取扱う総合代理店に入社。しかし、転籍後、一人の顧客も引き継ぐこともできなかったため、顧客0(ゼロ)からの厳しいスタートを切る。主として法人向けの知識・スキルを会得しながら、市場を構築し、都内を中心に2年間で約40社の成約を達成。
その後、2003年に独立。生命保険営業に携わってから、現在まで、8年連続でMDRTの成績基準はクリアしている。2006年度COT会員。企業の退職金コンサルティング、相続対策という難解な分野にも精通。2005年より卓越したスキルを公開し、外部の営業マン育成にも着手。損保VS生保、 日本社VS外資系、募集人VSマネージャー、直販社員VS代理店、専属VS乗合、個人市場特化VS法人市場特化、社員VS経営者 という7つの対、14のカテゴリーを全て経験し、実績を構築した、「数少ないオールラウンド・プレーイングマネージャー」として奔走中。アイブライトから販売されているCDゼミナール
「さらばハードクロージング、もう保険契約を勧めるのはやめよう!〜プッシュせずにお客様からありがとうと感謝される営業手法〜」
「社労士が、退職金コンサルで、1億円稼げる方法〜まだ間に合う!社労士ビッグビジネスの波に乗り遅れるな〜」
などは多くの反響を得ている。

大関氏新聞掲載記事はこちら
株式会社フォートラストホームページ

これからの時代は「コンサルティング」の時代!!!!!
とよく言われてきました。

おそらくこれを否定する人はいないでしょう?

私とお付き合いさせていただいている税理士の先生は先日こんなことを言っていました。

「内田さん、税理士は帳簿をつけたり、申告したり、単なる税務処理のことだけをやっていれさえすれば食っていける時代は終わりました。これからは、付加価値として、または差別化としてコンサルティングが重要になりますよね。」

また別の機会、ある保険代理店の方はこう言っていました。
「法人向け生命保険を取ろうとしたら、
コンサルティングは不可欠ですよね
質が伴ったコンサルティングができなければ、これからは生き残ることはできませんよね
。」
なるほど・・・保険の販売を始めた頃からずっと私もこのお二人と同じ意見を持っていました。法人をお客様にしようとしたら、コンサルティングが大事!!ということを。

しかし、ある時、今回インタビューさせていただいた大関氏からの質問に
私は答えに窮してしまいました。

大関氏
「内田さん、法人のお客様を獲得するために、コンサルティングが重要だということは私も同感です。
では、法人向けコンサルティングって
具体的には何をすることなのでしょうか
???」

内田
「・・・言葉は嫌というほど使っているのですが・・・改めてコンサルティングって何か??といわれると・・・・保険を販売する人なら、対象となる法人に起こりうるリスクとそれに対する保障(補償)を助言・アドバイスすることですか???」

大関氏
「確かにそれ自体は間違いではありません。でもそれは保険を販売する上で不可欠なことであって、真の意味で法人向けコンサルティングとは言えないかもしれないですよね・・・
コンサルティングという言葉ばかりが先行していて、いったいそれがどういう意味をなし、どうすべきことなのか???たくさんの専門職・営業職が、こうしたことをはっきりときちんと理解しないで、ただ闇雲に突き進んでいるようですね。
名刺の肩書にコンサルタントとあっても、営業職の臭いを緩和するだけで、実態は、ただの営業職だったり…もしくは、相談があれば、乗るよというような消極的姿勢で、問題解決まであえて踏み込まなかったり…・・・・これがコンサルティング、特に法人向けコンサルティングの現状ではないでしょうか。」

内田
「ではもう少し具体的に大関さんの考えを教えてください」

大関氏
「コンサルティングって一体何でしょうかね。人によっては、‘相談に乗ること’という認識で
それ以上はないという方もいらっしゃいます。
しかし、先程も触れましたように、これでいいわけがありません。
それは、専門的知識を多く伴う場合、相手は重要な事に気付いていないことが多くただ、
相談されるのを待っているのでは、事態が悪化してしまうのを見過ごしてしまうからです。
つまり、専門職として、問題点を予見し、探し当て、浮き彫りにし、対策を講じ、実行させることにより、
問題を解決させる、というような使命感に伴った姿勢が大事だと思うのです。
また、法人向けコンサルティングといっても、単一的なものではありません。

例えば売上を上げるためのマーケティングコンサルティング、人事制度に関しての
コンサルティング、社員のモチベーションを上げるためのコンサルティングなんて
いうのも最近はあります。
いろいろある中で、税理士の先生や私のような保険業界人は・・・・

財務コンサルティング

が一番有効だと考えます。実際に私が法人をお客様にする場合のほとんどは
これが切り札になっているようです。つまり、
財務のコンサルティング→問題解決手段の実行→結果的に保険の成約に繋がる
というのが、最も評価されている、型のひとつなのです
。」

内田
「財務???なんだか難しいそうですが・・・・・」

大関氏
「そうですよね。決算書を見ながら、解説、助言…というイメージでしょうが、
ことを難しく考える 必要はありません。要するに法人(会社)のお金にまつわることです。
キャッシュの確保、利益との相関関係などのことで十分です。当然ながら、そこには、
税務知識や保険商品・制度のことといった、単なる知識でなく、その関連性を説いたり、
有効性を唱え、 対策として提案する力をつけなければなりません。税務も保険も・・・
よく考えてみると、 大きく括れば会社のお金のカテゴリーの1つですよね。

ですから、前述のように、難しいことを分かりやすく、中身の濃いコンサルティングを
心掛けさえすれば、実は・・・・・・・

本業にも繋がる!!!のですよ。もっとストレートな言い方をすれば、
コンサルフィーを取らなくても、我々の売上・利益にすぐに繋がるばかりでなく、
信用も付いてくるということなのです。」

内田
「財務コンサルティングをすれば、本業に繋がる・・・
大関さんの考えは理解できましたが・・・具体的には???」

大関氏
「そこが問題です。お金・財務に関するコンサルティングといっても単なる
節税することや支払っている保険料を安くすることとは

全く違います。この財務コンサルティングが、きちんとできるかできないか、
もっと言ってしまえば、心得ているか否かで税理士や保険業界人として、
今後生き残れるのかが決まる!!と言っても過言ではないかもしれませんよ

こんなやり取りから、今回のCDゼミナールが企画されました。

財務コンサルティング・・・実は一般の会社で、
この部分の相談・コンサルティングを総括的に実行されているケースは非常に稀なのです。
普通、会社には、お金に関するプロがたくさん出入りしています。

銀行員、そして、証券会社・保険会社の営業職員、ファイナンシャルプランナー、税理士、公認会計士・・・・・

しかし、“財務”に関しては、専門分野のちょうど相互の中間地点もしくは誰もが専門でない分野の
コンサル・・またはすべての分野が重なり合う部分のコンサルと言うこともできるでしょう!!

だからこそ!!!!!!

その分野だけに留まることなく、そこから切り込んでいくことで・・・・

お客様に喜ばれ、必然的に大きな信頼を得られるのです!!

例えば・・・・・資金繰り。
これについて全く心配いらない、大丈夫!!という会社の社長の方が少ないと思います。
数多く存在する零細企業ともなれば月末になると、胃はきりきり、頭はクラクラ。
多くの経営者が頭を痛める問題です。

ここをコンサルティングの主題にするのです。

・・・・といっても今の会社の状態でお金が借りれるかどうかを判断するのは、
通常金融機関ですから・・・

税理士や保険業界人の方は・・・

どうすれば、将来、お金が借りやすくなるか?
今後、資金繰りで困らないための事前準備・対策はどうすればいいのか?

等々をアドバイスするのです。

このアドバイスの仕方、そしてどう自分の本業に繋げていくか??
つまりどう自分のビジネスの売上や利益に繋げていくのか??

ということも、今回のCDでは大関氏にお話いただきました。

会社は今まで誰もアドバイスしてくれなかった財務全般に関して教えてもらってハッピー。

一方、アドバイスした税理士や保険業界人は、売上・成果に繋がりお客様からの信頼度もアップしハッピー。

まさに両者がwin−winになる方法なのです!!!

    このCDをお聞きいただければ・・・
  • なぜ、今までの法人コンサルティングがうまくいかないか原因がわかるようになります。
  • 法人・経営者向けのアプローチ方法のヒントが習得でき、同業他社との差別化が図れます。
  • 財務コンサルティングの概要がわかるようになります。
  • コンサルティングそのものから、本業の成果に繋げるやり方がわかるようになります。
  • 経営者からの強力な信頼を得る方法がわかるようになります。
  • 今後の新規顧客の開拓へ大きな自信への足掛かりとなります。
  • 今回のCDゼミナールのセット内容は以下の通りです。
    CDゼミナール2枚組み
    「税理士、保険業界人必見!!法人向けコンサルティングで稼ぐ人、稼げない人
      〜今までのやり方では将来必ず淘汰される!?〜」
    インタビュー形式NO1、NO2合計約80分間のボリュームたっぷり満足度100%の内容です。
    インタビューは下記のテーマごとに大関氏にお答えいただいた。
    なぜ今までの法人コンサルティングでは、お客様は喜ばないのか?
    財務を主体としたコンサルティングがなぜそんなに評価されるのか?
    節税話法の落とし穴とは??
    必見!思わず社長が身を乗り出す切り口とは?
    企業が抱える問題・解決手段と生命保険プランニングの相関関係とは?
    法人に保険を売るのではなく、結果的に保険が売れてしまう???
    そのわけとは?

    税理士が保険代理店で稼ぐ光と翳とは?
    企業再生のプロも納得した!ある確定利殖プランとその実態とは?
    もし私が税理士なら、財務コンサルで1億円稼ぐことができる!!
    CD付属資料(A4版5ページ)
    これだけ読んでもためになる!!内容でです。
    このCDだけのために大関氏が作成したオリジナル資料です。
    CDの理解度をさらに深めるようなとっておきの内容を完結かつ
    わかりやすく表現しました。他では一切お渡しできない貴重な資料です。
    面談による無料コンサルサルティング(1時間分)チケット
    及び、メールによる無料コンサルティングチケット(1回分)
    弊社から発売されたCDやDVDの反響が大きく、もっと
    詳しいノウハウやスキルを学びたいという全国の皆様の声を
    届け、大関氏を何とか説き伏せました。

    大関氏が営業の時間を割いてまで、この件に応じるには大変
    だったと思います。通常1時間10,000円のコンサル料を今回
    に限り、無料で応じてくれる「コンサルティングチケット」です。
    いろいろ質問・相談できるだけでなく、実際に使用している
    資料なども見せてもらうことができるそうです。

    皆さんの同業者である、大関氏に直接会って、たくさんのこと
    を吸収できる最大のチャンスです!

    以上が今回のセットに内容です。
      そもそもはなぜ本でもビデオでもセミナーでもなくCDゼミナールにしたか?
    理由は7つあります。
    本では伝えたい情報の7%程度しか伝わらないといわれている点。
    他のコンサルティング会社などが販売するビジネステープを聴いて、自分の仕事・会社に
    活かすやり方を私が体験し、効果を実感している点
    いつでもどこでも聴ける点
    (私は出かける時はCDプレーヤーを忘れません。車の中、混んでいる電車の中、
    待ち合わせの時など数分でも時間があれば、イヤフォンを耳につっこみます。
    本を読むことも大切ですが、歩きながら…車を運転しながら…は読めないですよね!!)
    紙面では表すことが出来ない部分が皆様に伝わる点
    (1時間のインタビューが新聞や雑誌ではわずか1ページにまとめられてしまうことも!!
    文字にはできないノウハウを体感してほしいのです)
    アメリカのエグゼクティブでは常識の点
    (これは聞いた話ですが・・・)
    有名コンサルティング会社でもセミナーやインタビューのCDやカセットテープを販売している点
    (効果があるということでしょう)
    何度でも繰り返し聴ける点
    (これは本やビデオではなかなかできないことです。
    CDやカセットテープを何度も何度も繰り返し聴く効果は絶大です。)
    本や講演会では決して聞けない独自のノウハウ・お考えをCDでお届けでき、
    あなたが事業を拡大する上で大きなヒントを得ることができると確信しております。
    なお、スタジオのマイク前では固くなってしまい、なかなか本音を語ることができないので、
    事務所でのインタビュー形式としました。
    音質はよくありませんが、その分他のメディアのインタビューとは比べものにならない程の
    情報・ノウハウお届けできると思います。
        CDゼミナール「税理士、保険業界人必見!!法人向けコンサルティングで稼ぐ人、稼げない人
                  〜今までのやり方では将来必ず淘汰される!?〜」の料金は…
    今回はCD2枚組み、約80分。大関氏は現在120分の講演、コンサルティングを
    20万円〜30万円で引き受けることが多いということ。単純に比較はできませんが、
    もし80分のコンサルティングを受けたとしたら、100,000円をくだらないはずです。
    それに今回は税理士の方にはメールコンサルティングチケット
    それ以外の方には面談コンサルティング(1時間)チケットが
    無料で付いてきます。

    CDで聴いたことを自分のスキルとするまたとないチャンスです。

    以上のことより、
    CD2枚組み+資料+無料メールコンサルティングチケット+
    無料面談チケット=100,000円としたいところですが・・・・・
    今回は大関氏の「一人でも多くの方にこのノウハウを実践していただき、
    厳しい競争を勝ち抜いていただきたい」 という考えから
    9,800円(税込み。送料、代引き手数料込み)とさせていただきます。
    このセットがあなたの力にそしてあなたの営業・事業の発展の起爆剤になってもらえばこれ以上の幸せはない。
    ご希望の方は今すぐ下記入力後、送信ボタンを押してください。
    追伸1:代金は配送時に代金引換でお支払いください。
    追伸2:お申し込みは簡単。下記入力後、送信ボタンを押すだけでお申し込みができます。
    【お申し込み受付】

    CDゼミナールを先着200セット限定価格9,800円(税込み、送料・代引き手数料無料)を申し込みます。代金は商品配達時に代金引換で支払います。

    200セットにもれても11,800円(税込み、送料・代引き手数料無料)でも申し込みます。

     会社名
     担当者名(必須
     郵便番号(必須
     住所(必須
     ビル名など
     電話番号(必須
     FAX番号
     メールアドレス (必須

    *CDで紹介したノウハウ・知識・情報に関してのコンプライアンスのチェックは各自の責任でお願いします。
    弊社ではご提供いただいた個人情報を商品・サービスの送付のため、弊社からの商品・サービスに関するご案内の連絡のためのみに利用し、他の目的には使用いたしません。
    eyebright consulting service
    2007©eyebright corporation,all rights reserved