三好正晃氏プロフィール

(有)ジャパンライフコンサルティング社長。 昭和44年生まれ。

大手損害保険の総合職に就職。安定した職を捨てて保険代理店として独立。

その後、その代理店を親戚に譲り、石油元売り会社経て、営業ノウハウではダントツの実績を誇る一部上場会社の保険代理店子会社に入社。そこでテレフォンマーケティングの手法を一から学ぶ。営業マネージャーとして活躍した後2004年独立。電話帳を使い、1件1件電話をしてアポイントを取り、訪問し、契約するという形の営業手法を確立し、独立後わずか8ヶ月で1ヶ月間の生保新規契約の数は100件を超える。

その後、契約は順調に増え続け、現在は1800軒の契約を保有。

時期によって違いはあるものの、平均するとテレフォンアポインター3名、営業員2名体制で営業する。